ミニチュアダックスフンドというのは強情なところもあるので…。

感情的には子犬の頃は、大目に見がちになる気持ちも当然ですが、小さくても、犬のしつけのトレーニングを完ぺきに実践するべきと言ってもいいのではないでしょうか。
トイレトレーニングのしつけで何度かご褒美の餌を与えることをやったら、主人の褒めたいという心持が愛犬に受け入れられているか、確かめてみてください。
犬の噛むという行為は、9割以上が体罰を与えるしつけや逆に甘やかしによる犬と主人との主従関係の逆転が原因でしょう。今思い返すと、子犬の頃の甘噛み行為を許していませんでしたか?
例えば、子犬が人を噛んでくるタイミングは、「噛んじゃいけない」という事をしつけるまたとないチャンスだと言えるでしょう。噛まないんであれば、「噛むのはダメだ」というしつけを行うことは難しいでしょう。
かつてはトイレのしつけ訓練は失敗してしまったりすると身体を叩いたり、鼻を汚物にこすって怒る方法が用いられていたものの、これらは最近では正しくありません。

散歩を利用しつつ、ペットのしつけは可能なんです。交差点では、「おすわり」などの命令の訓練に最適です。時々ストップして、「待て」などができるでしょう。
万が一、犬のしつけがなされていないと、あたかも探知犬みたいに、必死になってそこら中食べ物臭を嗅ぎながらの面倒な散歩をすることになってしまうことだってあるでしょう。
タイミングとして、犬が無駄吠えを止めて静かになったのを見て、ごほうびや賞賛をやるようにするのが良いです。無駄に吠えないことともらえる報酬を一緒にして、体得するようになってくれるでしょう。
食べ物の欲求を満たしているはずなのに、ただ家族からの関心を寄せたくて、無駄吠えをせずにはいられない犬がいるということも真実だといいます。
柴犬というと、無駄吠えという問題行動をするような犬です。よって、無駄吠えのしつけは「手がかかる可能性がある」と、慎重になったら逆に楽だろうって思う次第です。

一般的に、子犬の時期がしつけをする適齢期と考えられています。つまり、何年も生きて成長期を終えた犬よりも、子犬たちのほうがしつけを素直に受け入れるのは、当たり前のことだと言えるでしょう。
しっかりとしつけしていないと、我が家では静かでいるとしても、人のうちに行ったら、そこで一端はなくなった無駄吠えがまた始まる事態だってあるはずです。
子犬だったころにしつけを受けて過ごせずにいたために、問題行動を垣間見せる犬たちでさえ、とにかくしつけを積み重ねることで、様々な問題行動が矯正されることもあるそうです。
よく、何もしないと無駄吠え行為が多くなってしまうミニチュアダックスフンドですが、徹底してしつけをすると、無駄吠えの問題行動をほとんどなくすことも出来ると言います。
ミニチュアダックスフンドというのは強情なところもあるので、専門家に依頼するなどして、ミニチュアダックスフンドに合うしつけ方法を教示してもらうことも良いと言えます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

多くの人々にとってチワワを飼う時に…。

NO IMAGE

叱ったりしないでしつけをしたいと思っているからと…。

NO IMAGE

子犬の頃に早くから社会ルールを完全な形で学習させることは…。

NO IMAGE

異常に吠えるなどの根本的な問題を解決してくれるしつけの仕方で…。

NO IMAGE

或るものに対して恐怖感を持っていてそれで吠えるという癖が引き起こされているとした...

NO IMAGE

愛犬をしつける時…。